年金~ねんきんネットで簡単試算「基金代行部分」ももらえるんですか?

Q.ねんきんネットにログインして、自分の年金を「かんたん試算」をしました%e5%b9%b4%e9%87%91

ねんきん見込み額は月81,998円ですが、詳細を見ると、〈ご参考〉基金 代行部分(月額)38,523円となっています。この「代行部分」は年金としてもらえるのでしょうか。

ママからの質問です。

このご質問にお答えしながら、受取額が数千万にもなる年金についてしっかり理解していきましょう。

1.「ねんきんネット」にまだログインされてない方

今すぐ

日本年金機構のHPからアクセスしましょう。そして、ログインIDとPWを発行してもらいましょう。

IDとパスワードが入手できましたら、ログインできるようになります。
手続きが必要なので、数週間かかります。

2.「ねんきんネット」にログインできる方

ログインすると

年金記録の一覧表示
私の履歴整理表作成
年金見込額試算
追納・後納等可能月数と金額の確認
持ち主不明記録検索
届書の作成
電子版「ねんきん定期便」の確認
年金の支払いに関する通知書の確認
アドレス登録/ねんきん定期便の郵送意向登録
日本年金機構からのお知らせ
パスワード変更等

などメニューがあり、年金の支払い実績や加入実績などが判るだけでなく、今後の働き方に応じて「いくらもらえるの?(ねんきん見込み額)」が1円単位でシミレーションできます。

この方はそれを「かんたん試算」でシミレーションをなさったのですね。

かんたん試算以外にも

・質問形式で試算
・詳細な条件で試算

その結果

ねんきん見込み額は月81,998円
〈ご参考〉基金 代行部分(月額)38,523円

と表示されていて「代行部分」って何?「年金としてもらえるの?」と疑問に思われたのですね。

3.「代行部分」はどうなるの?

結論は、「代行部分」も年金として支給されます。%e9%9b%bb%e5%8d%93

この方の場合は、81,998円+代行部分38,523円=120,521円となります。

年間にすると約145万。25年(65歳~90歳)受け取りで3,625万。

さらには、この代行部分というのは厚生年金基金の管轄のものなので、厚生年金基金の分+αあるのですね。

「思った以上に年金があるのでびっくり」そのようなご感想をお持ちになると思うのですが。この方の場合は正社員だからです。

例えば、第3号の方やパートの方、起業している方はこれより少なくなる可能性が高いと考えましょう。

いずれにしても、ねんきんネットで自分(できれば配偶者)も含めて、シミレーションするのが老後のお金を考える一歩になります。

「年金はもらえないのでは?」と言われることはありますし

年金の支払いが大変な事実は変わりませんが

第3号(年金を支払っていないのに、年金受給のあるサラリーマンの妻)の年金改革

が先に手を打たないといけない政策になってくると私個人は考えてます。

いずれにしても自分年金を作っていかないといけないことには変わりないですね。

お役に立ちましたら、うれしいです。

ひとりで悩まずお気軽にご相談くださいね。