Q&A母子手当(児童扶養手当)「いつからいつまでもらえるの?」

児童扶養手当(母子手当)のよくある疑問や質問をお伝えします。

%e7%b7%91310

 

Q.母子手当て(児童扶養手当)「いつからもらえるの?」

A.申請の翌月から支給対象。ただし、実際の支払いは4ヶ月分まとめてとなります。

8~11月分は12月に
12~3月は4月に
4~7月分は8月に支払い

毎月支払われないので注意してくださいね。

また、離婚して手続きをした次の月から支払い対象になります。月末に離婚が成立する方は離婚日にすぐ手続きができるよう事前に「手続きに必要な書類など」確認しておきましょう。

支払いは銀行振り込みとなります。

Q.いつまでもらえるの?

シングルマザー教育費

所得制限内でしたら、お子さんが高校を卒業するまで(正確には18歳に達してから3月31日まで)です。

ただし、平成15年の改正で支給制限が追加されました。

働けるのに働かない方には5年(または7年)以降は支給されない可能性がありますので注意しましょう。
実際は、シングルマザーさんは働いている方が多いので、「お子さんが高校を卒業するまで(正確には18歳に達してから3月31日まで)」になります。

Q.いくらもらえるの?

平成29年4月時点で※改正されました

児童1人の場合 全部支給 は42,290円
一部支給 は42,280円から9,980円
2人目の場合 は9,990円を加算円 加算   一部支給の場合 9,980円から5,000円
3人目以降1人につき 5990 円 加算 一部支給の場合 5980円から3,000円

となります。次は、児童扶養手当(母子手当)の所得制限についてお伝えします。

Q.所得制限っていくらなの?

 A.扶養親族の人数とお母さんの所得によって違います。

0人:19万未満は全部支給、~192万未満は一部支給、192万以上は0
1人:57万未満は全部支給、~230万未満は一部支給、230万以上は0
2人:95万未満は全部支給、~268万未満は一部支給、268万以上は0
3人:133万未満は全部支給、~306万未満は一部支給、306万以上は0

4人以上の場合、1人につき38万円を加算

この数字からもなんとなくわかるかと思うのですが、働いて収入を得るとすぐ一部支給か支給なしになってしまいます。

よく母子手当ては「4万くらいもらえるよ」と言いますが、養育費や収入がほとんどない方に限っての支給額なので注意してくださいね。

また、「0人」という設定があること・・・これも要注意です。

扶養の人数によって、所得制限が違う、ここも押さえておいてくださいね。

離婚後ご両親や兄弟姉妹と一緒にお住いの場合も要注意

ご両親や兄弟姉妹の所得も所得制限の対象として確認されます。

所得制限額は、各自治体で配布されている「孤児等の養育者・配偶者、扶養義務者の所得制限限度額」の欄がご両親や兄弟姉妹の所得制限金額です。

具体的には

0人:236万円未満
1人:274万円未満
2人:312万円未満
3人:350万円未満

となりますので、ご家族と同居される場合は、要確認です。

また、児童扶養手当が所得制限にひっかかってしまっても、「ひとり親医療費助成」はまた違うルールで対象か対象でないかを判断します。

ひとり親医療費助成は各自治体によって違うので、ここも合わせて窓口で確認しましょう。

 

制度や必要な生活費や教育費を理解した上でどのように教育費を貯めていくかはとても大切なことです。

パート・貯金0・実家暮らしでないシングルマザーさんも、貯金の方法を知り、その後3年で教育費を貯めました。
シングルマザーだから子どもの大学進学はムリと諦めないでくださいね。

仕事の収入と児童扶養手当との兼ね合いで悩む方へ

紅茶400

□児童扶養手当が減ると家計が苦しい

□どのように働くのが子どものために一番いい?

□これから先が不安・・・

ひとりで悩まずお気軽にご相談くださいね。

シングルマザーのお金のレシピはこちら