確定申告するなら青色申告にチャレンジ!

こんにちは!

女性のためのお金の専門家、新田真由美です。

確定申告には「白色申告」と「青色申告」があり、「青色申告」の方がメリットがありますよと前回のブログでお伝えしました。

今回は青色申告にするメリットにはどんなものがあるかお伝えをしていきますね。

 

♡65万円または10万円の控除を受けることができる

青色申告を選択した場合、帳簿を付けることが条件になりますが、それによって売上から65万円または10万円を引くことができます。このことによって、納める所得税と住民税が節約できます。節税ができるということは、手元に残るお金が増えるということになりますよ。

青色申告で確定申告をしようと思う人は、その年の3月15日までに管轄の税務署に「青色申告承認申請書」を提出します。1月16日以降に開業した人の場合は、開業した日から2か月以内に提出しましょうね。開業届と一緒に提出をするといいですよ。

そして、65万円の控除を受けるためには、複式簿記での帳簿を付けることが条件になります。確定申告の際には、複式簿記に基づいて作成した「損益計算書」と「貸借対照表」を確定申告の書類と一緒に提出します。いきなり、「複式簿記」とか、「損益計算書」とか「貸借対照表」とか難しい言葉が出てきましたが、「弥生会計」や「マネーフォワードクラウド」などの会計ソフトを使えば、自動で確定申告に必要な書類を作れます。

10万円の控除を受けるためには、簡易簿記を付けることが条件になります。簡易簿記を聞くと難しそうに感じますが、家計簿みたいな帳簿で大丈夫です。

確定申告の期限は2月16日から3月15日ですが、税金の還付の場合、この日程を過ぎても問題はありません。けれども、青色申告の65万円の控除を受けるためには、必ず3月15日までに提出しましょう。1日でも過ぎると10万円の控除になります。せっかく頑張って書類を作ったことを無駄にしないためにも期限は守りましょうね。

 

♡赤字を繰り越せる

もしも、赤字になった場合、その損失を3年間繰り越せます。イメージとしては、今年赤字だった金額を翌年の黒字と翌々年の黒字とで相殺できますよ、といった感じです。

例えば、2019年100万円の赤字、2020年50万円の黒字、2021年100万円の黒字だとしたら、

2019年は赤字のため課税所得0円

2020年 △100万円(2019年の赤字)+50万(2020年の黒字)=△50万円

2020年は課税所得0円、

2021年 △50万円(2020年では繰り越せなかった金額)+100万円(2021年の黒字)=50万円

2021年の課税所得は50万円

開業当初は開業に必要なお金が多くなりがちですから、次年度以降黒字になった場合にこの損失の繰り越しができることを覚えておくといいですよ。

 

♡10万円以上の高額な経費を1年で経費にできる

通常は10万円を超える高額なものは単年度では経費になりません。

例えば、パソコンなら4年、カメラなら5年、新車の場合6年というように何年かに分けて経費にします。(減価償却費といいます)

けれども、青色申告の場合、30万円未満まで1年で経費にできます

 

♡手伝ってくれた家族に払ったお給料も経費にできる

青色申告の場合、お仕事を手伝ってくれた家族に払ったお金も経費にできます

この控除を受けるためには家族を雇った日から2か月以内に「青色事業専従者給与に関する届出書」の提出が必要になります。

この条件としては、

・青色申告者と同一生計の配偶者やその親族

・確定申告年度の12月31日で15歳以上

・1年間の中で半年以上青色申告者の営む事業に専ら従事していること

これらが条件となります。

 

急にたくさんの難しい言葉が出てきて私、これから大丈夫?と思うかもしれません。でもなんとかなります!わからない時には一緒にサポートしていきますよ

青色申告の書類を出していても白色申告はできます。けれども、青色申告の書類を出さなければ青色申告のメリットを受けることができません。とりあえず、青色申告でやってみましょう!

 

すべての女性が、経済的にも精神的にもゆとりを持てるように、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

新田真由美のホームページ