FPとして家計相談(個別相談)のお申込みパターン

今回は、FPとして家計相談(個別相談)のお申込みパターンについてご紹介しますね。

個別相談は、ダイレクトに喜んでいただけるので、大好きなお仕事のうちの一つです♪

 

相談内容は?~女性FPの強み~

A.お金に関わることは本当に色々なご質問があります

そして、ご相談・ご質問は一つでなく、複数です

「〇〇の悩み」と言うより転機の時が多いようですね。

転機のタイミングとしては

転職

復職

起業

子どもの教育費がかかるようになる

子ども2人目、3人目を考えている

夫の収入の変化(多くは減る方)

結婚

離婚

親からの相続がある

こんな感じで変化があった時が多いです。

 

私自身、お金に無頓着な性格から

お金と向き合うようになったのが

結婚し、子どもを授かる

離婚が頭をよぎる

夫の収入だけでは厳しいと知り、仕事について考える

タイミングでした。

 

お金のことで色々不安になったのが

離婚する時

転職をする時

起業する時

だったので、相談したい感覚はわかります。

 

そして、女性FPのお仕事としては

女性は

「転機が多い」

「悩みが複数絡み合っている」

 

このことが個別相談のニーズにつながっている

と実感しています。

 

個別相談のお申込みはどこから?

A.ホームページ、講座が多いです

 

起業当初はブログしかなかったのですが

今はホームページと講座

そして、メルマガがメインです。

 

特に講座からのご相談は

お申込みが早いですね。

なぜだかわかりますか?

 

理由は、色々あると思うのですが

一度会っている安心感

私自身の知識や経験を知っている

以外にも理由があります

少し考えてみて下さいね

 

答えは「新しい出会い」だからです(^^)

 

例えば、今月ご相談に来てくださった方は

講座の参加者さん

・男女共同参画センター主催のマネー講座

・商工会議所主催のマネー講座

・起業コンサルの方主催のマネー講座

・自主開催の参加者さん

 

紹介

・お客様からのご紹介

・(私の知らない方からの)ご紹介

 

メルマガの読者さん

 

こんな感じです。

 

ちなみに、メルマガの読者さんは

登録して(私と出会って)すぐ相談にはならないです。

でも、タイミングになると

相談に来て下さります

(いわゆる転機の時ですね)

 

 

一方、講座は

講座終了後、「すぐお申込み」になります。

行政主催の講座にも関わらずです。

これは、私自身「意外」でした。

 

つまり

保険を販売しない女性目線でのファイナンシャルプランナーを

探している女性が多いということです。

探している女性と

女性ファイナンシャルプランナーの

出会いの場が「マネー講座」

になっているのですね。

 

そして、行政主催のマネー講座の場合

「集客」

を私自身がしている訳ではないので

私のことを知らない方がほとんどです。

 

結果、

新しい出会いの場になっている。

 

これは、本当にありがたく

今月も本当に素敵な女性の

ご相談を受けさせていただきました。

 

ご相談がはじまった時は

お金のことで悩んでいるので

明るい感じではないのですが

 

2時間後には

笑いながらの会話

表情がぱっと明るくなり、自然な笑顔になる

やわらかいオーラが出る

そんな雰囲気で個別相談は終ります。

相談後も、FBやメールで

感想やお礼を届けて下さるので

私自身、とっても気持ちよく

お仕事させていただいています。

 

あと、年々

ご相談内容も変わってきています。

起業当初は

離婚・教育費がメインでしたが

今は

働き方と税金・不動産が増えてきています。

 

 

文章に書くとなかなか難しいのですが

個別相談の実務、伝わりましたでしょうか?

少しでもお役に立ちましたら、うれしいです

 

FPの実務ってどんなの?については

「2時間で学ぶ!女性のためのFP実務入門講座」を開催しますので

お気軽にご参加くださいね

詳細はこちら

 

オンラインで本格的に学ばれたい方は「FP実務オンライン講座」がおすすめです

FP実務オンライン講座はこちら