FPの講師料っていくら?10万円で受ける?受けない?

今回は、みんなが気になる「講師料」についてご紹介させていただきますね。

 

講師料っていくら?

ある1通のメールが来ました

================

〇〇さんよりご紹介いただき

是非、講師のお願いをさせていただきたく

メールをさせていただきました。

NPO法人の△△です。

謝薄ですが、1万円でお願いできますでしょうか?

ご検討お願い致します。

================

さて、どう思いますか?

 

 

正直な気持ちも書き留めてくださいね

 

 

 

 

 

考えている間に、もう1通メールが来ました。

================

先日、〇〇でお話をさせていただいた〇〇です。

上司と相談をして8万円で講師をお願いしたいと思います。

詳細は追ってご連絡させていただきます。

================

どうお返事されますか?

 

 

 

 

考えてみましょう

 

講師料っていくら?10万円で受ける?受けない?

講師料については、相場がある依頼元もあれば

ケースバイケースで交渉しながら決める場合もあります。

 

先ほどの例ですが

同じ日に1万円と8万円の講師依頼が来たら

思わず「8万円」が目に飛び込んできますよね。

 

でも、私自身はこの講師料8万円のご依頼をお受けしないこともあります。

逆に今となっては、

1万円のご依頼を積極的にお受けすることもあります。

 

 

昔は、1万円の講師料は

割に合わない…と思っていた時期もありました

 

資料作成にとっても時間がかかっていたこと

そして、講師が苦手だったことが主な理由です

その時、提案したのが

1万円の講座を3回セットでお受けすること

講座の内容は、持ちネタのみ

 

 

結果、快くOKいただいたのですが

今となれば、1万円の講座1回であっても

「喜んで♪」と言っていますね。

 

実はその1万円は、「公民館」からのご依頼だったのですが

その講座がきっかけで、他市からの講座と個別相談もたくさんいただいたからです。

 

今は講師としてのご依頼をいくらでお受けするか

目利きができるようになりました。

 

 

ご依頼元によっては、法人企業さんであっても

———————————–

10万円以下ではお受けできないと思います。

理由は・・・だからです。

ご検討のほどお願い致します。

———————————–

のようなお返事をさせていただくこともあります。

 

 

講師料ではなく「展開」

講師のお仕事は講師料だけで決めません

その後の「展開」が大切であり

 

私が事業を営業なしに継続できている

子どもを育てながら自立できている

大きな理由は、この展開だからです

 

フリー3年目になると

講師の展開の大きさに驚きました。

 

講師料ではなく「展開」

今回はここを押さえておいてくださいね。

 

もちろん

ご依頼者さんの「想い」

ご依頼企業さんの「目指している方向」

ここも重要視しています。

 

 

お役に立ちましたら、うれしいです

 

FPの実務ってどんなの?については

「2時間で学ぶ!女性のためのFP実務入門講座」を開催しますので

お気軽にご参加くださいね

詳細はこちら