シングルマザーの子どものバイト103万と扶養控除・寡婦控除の注意点

お子さんが大学生のシングルマザーさんからの質問をご紹介させていただきます。

確定申告

Q.子どものバイト、103万を超えるとどうなりますか?

A.勤労学生控除(27万)が適応されるため、年間130万の給与収入であれば所得税が0となります。
ただし、130万を超えると健康保険の扶養から外れることに注意しましょう。

※正確な条件は国税のHPをご覧くださいね
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

お子さんの給与収入(バイト)が103万を超えるとお母さんの税金額が高くなる可能性があるのでここも注意です。

シングルマザーが知っておきたい税金(所得税)についての注意点と対策についてもご紹介しますね。

シングルマザーの扶養控除・寡婦控除

シングルマザーに限らず、ひとり親家庭の場合

仕事をしている
子どもを扶養に入れている
寡婦控除(寡夫控除)の対象

であるご家庭が多いと思います。
その場合、お子さまが103万以下であれば、税控除を受けることができます。

具体的には、扶養控除・寡婦控除です。

お母さんの給与収入自体が、103万以下であればそもそも税金を払っていないので税控除は関係ありません。
しかし、お子さまのため・生活のために200万、300万と働いている方は、所得税がかかります。

その所得税を「おまけ」=「控除」しますよという制度の中に

扶養控除(一般の控除対象扶養親族・特定扶養親族)
寡婦控除(特別の寡婦)
社会保険料控除
生命保険料控除
医療費控除
確定拠出年金

などがあります。

お子さんが給与収入で103万を超えると
扶養控除・寡婦控除の条件が外れることになり「おまけ」=「控除」が受けれなくなる可能性が大です。
つまり、所得税がUPし、手取り収入が減るということです。

では、子どもが103万以上働かない方がいいか?
となりますと考え方やその他対策もあります。

子どもが103万以上働かない方がいい?

お母さんの所得税UPを防ぐ対策には

自分の親を扶養に入れる
その他の節税をする

などで、家族トータルで節税を考える方法もあります。

また、お子さまが学業にも専念しないといけない中
バイトで収入をUPするより、お父さん(元夫)に養育費を払ってもらって学費の補てんをするという対策もあります。
(この話し合いが難しいという声もあるのですが、大切なことです)

税金の知識は難しい面もあるのですが
トータルで考えることと家族の話し合いを大切になさってくださいね。

お役に立ちましたら、うれしいです。

※扶養控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
※寡婦控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm

メールマガジンはこちら