離婚したら、家、貯金、保険をどうする?

今回は

離婚したら、家、貯金、保険をどうする?をお届けしますね

少しでもお役に立ちましたらうれしいです

 

離婚したら、家、貯金、保険をどうする?

家、貯金、保険は大切な資産です

そして離婚をするときの大切な

新生活スタート時の「持ち金」(貯金)になります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

財産分与は、結婚生活の中で

夫婦で協力して築き上げてきた財産を清算し

夫婦それぞれの個人財産に分けることを言います

 

もし財産が夫婦どちらか一方の

名義になっていても

結婚後に夫婦の協力で築いた財産は

財産分与の対象となります

 

では、財産分与の対象はどのようなものでしょうか?

現金、預金

保険(生命保険・学資保険など)

不動産(土地・建物など)

自動車(バイクなど)

有価証券(株券、社債など)など

 

逆に財産分与の対象外にならないのは?

結婚前に個人で貯めた貯金

自分の親から相続した財産など

まずは、具体的に書き出してみましょう

 

この中で家や保険はどうしたらいいのか

少し悩むかもしれません

 

次に財産分与の対象となる

「住まい」の詳細をご紹介しますね。

 

離婚時に持ち家をどうする?

住居は今どちらでしょうか?

・賃貸

・持家

 

賃貸の場合は、財産分与の対象にならないのですが

持家の場合は

離婚の際、財産分与の対象になります

 

持家の場合は住宅ローンも含めて

離婚の際、慎重に進めましょう。

 

では、離婚する、しないに関わらず

今やることをご紹介します。

<1>家の査定をする

査定をしたからと言って

売らないといけない訳ではありません

ご安心くださいね

 

<2>ローン残と名義を改めて確認する

査定の金額と比較します

 

<3>離婚をする場合

家を売却をするか

どちらか(夫か妻)が住み続けるかを決める

 

持家の場合、家を売却するか住み続けるかで

大きく変わってきます

 

例えば、あるご夫婦の場合は

・妻が家を出て、別居

・持家に夫が住む

という状況でした

 

別居したら「早く離婚したい」

という気持ちをぐっとこらえて

(お子さんのためにもまずは資金の確保が大事です)

 

まずは

婚姻費用を請求をしました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして

家の査定をすぐ実施しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

すると・・・

ローン残より500万円も多いことがわかったのです

(500万円は大きいですよね)

 

家を売ったことで現金も増え

現金と車を財産分与をすることになりました。

 

子どもには教育費がかかります

少しでも現金を手元においておくことで

安心感にもつながります

 

でも、元々夫婦二人とも

売っても利益にならないと思い込んでいたので

売る選択肢は頭になかったようです

こんなケースも実際あります。

 

もちろん、売却でなく

妻と子どもが婚姻時の住まいに

住み続けるケースもあります

 

その際は

・ローンを夫が支払わない

・夫が勝手に家を売る

そのようなリスクがありますので注意しましょう

慎重に進めることが大切です

 

離婚後の住まいどうする?

離婚時は

新しい住まいに引っ越す親子が多いです

私は、婚姻中も賃貸暮らしだったので

離婚後、安い物件探しを必死でしました

一番安いのは公営住宅ですが

なかなか当たらず

 

結局

敷金礼金0円の物件にしました。

離婚後の住まいの選択肢は

自分の実家に住む(姉妹と住む)

公的な住宅に当選し入居する

民間の賃貸を借りる

シェアハウスを借りる

母子寮(母子生活支援施設)に入る

家を買う

色々あります

 

しかし、離婚をしてすぐ

希望の条件に合った物件があるとは限りません。

・離婚後の住まい

・別居時の住まい

は早めに検討しましょうね。

 

お金のメルマガはこちら