【 要チェック!特別がなくなる!? 】寡婦控除~離婚・死別・未婚の場合~2020年版

【 要チェック!特別がなくなる!? 】寡婦控除~離婚・死別・未婚の場合~2020年版

※令和2年度税制改正の大綱(令和元年12月20日閣議決定)の内容を反映。法案が可決すれば成立する内容を踏まえています

今回は女性向けに「寡婦控除」を中心にお伝えしますが、男性向けの「寡夫控除」についてもご紹介させていただきます。

寡婦控除~離婚・死別・未婚の場合~2020年版(予定)

寡婦控除

 

まず「寡婦」という言葉自体も慣れないと思うのですが、一般的に夫と死別または離婚して、再婚しないでいる女性を差します。

このような女性のために、条件にあてはまる場合、所得から一定額を控除する「寡婦控除」という税金面の優遇制度があるのです。

また、妻と死別または離婚して再婚しないでいる男性の場合は「寡夫控除」となります。

 

 

この制度の変更が、2020年の所得にかかる納税額の計算から適用されます。

2020年に行う2019年の所得に対する確定申告は従来どおりですが、次の年末調整・確定申告から変わるので、注意してくださいね。

 

2019年までの寡婦控除・特別の寡婦とは?

2019年までの所得にかかる税金に対しては、寡婦(寡夫)控除というと

「一般の寡婦控除」

「特別の寡婦控除」

「寡夫」の3種類がありました。

 

今回は、その中でも2種類の寡婦控除についてご紹介します。

適用されるのは、以下の条件を満たした場合です。

 

図1:2019年までの寡婦控除の要件

 

 

寡婦控除では、所得税27万円・住民税26万円が所得から控除されます。

このチャートでの「子ども」とは、総所得金額等が38万円以下(令和2年分以後は48万円以下)で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。

 

生計を一にする子どもがいて、本人の合計所得金額が500万円以下の方は、特別の寡婦として所得税35万円・住民税30万円の控除があったのです。

※合計所得金額500万円以下とは、2020年以降は給与収入で考えると約678万円未満であることが基準になります。

 

 

結構、ややこしいですね。

離婚または死別してシングルマザーになって平均的な収入を得ている人は、特別の寡婦控除の対象となることが一般的です。

夫と死別(生死不明含む)した人は、合計所得金額500万円以下なら、子どもがいない場合でも再婚するまで寡婦控除が受けられるのですね。

 

シングルファザーに対する控除は?

「寡婦」は女性を指す言葉ですから、寡婦控除は適用されません。

ただし、シングルファザーに対しては「寡夫控除」があります。

 

図2:2019年までの寡夫控除の要件

その年12月31日時点で

ア.合計所得金額が500万円以下

イ.妻と離婚または死別した後、婚姻していないウ.合計所得金額38万円以下の生計を一にしている子どもがいる

 

以上のすべてを満たす場合には、所得税27万円・住民税26万円が所得から控除されます。

 

 

2020年からは未婚のひとり親に対する控除が改正予定

※令和2年度税制改正の大綱(令和元年12月20日閣議決定)の内容を反映。法案が可決すれば成立する内容を踏まえています

 

実は、寡婦控除・寡夫控除には、未婚でひとり親となった人に対しては適用されませんでした。同じひとり親なのに税金面で平等ではなく、未婚のままでも子どもを育てている人に酷ですね。

 

そのため、2020年からは以下の条件を満たすと、所得税35 万円・住民税30万円の所得控除を受けられるように検討されています。※法案が可決すれば成立。

 

図3:未婚のひとり親に対する所得控除の要件

・生計を一にする子ども(総所得金額等が48万円以下)がいる

・本人の合計所得金額が500万円以下

・住民票に事実婚の配偶者がいる旨の記載がない

 

 

2020年からの寡婦控除・寡夫控除は?

2019年までは、シングルファーザーには、シングルマザーよりも控除額が少なくなっていました。

 

また、シングルファーザーには寡夫控除をうけるために合計所得金額500万円以下という要件があるのに対し、シングルマザーは本人の所得金額がどんなに多くても寡婦控除を受けられるという不平等がありました。

 

これを解消するため、2020年からは寡婦控除・寡夫控除が改正される検討がされています。

 

図4:2020年以降の寡婦控除

 

2020年以降は、特別の寡婦かどうかという区分はなくなることが違いです。

また、住民票に事実婚の夫がいる旨の記載がないこと、生計を同じくする子どもがいても、本人の合計所得金額が500万円以下であることという要件が追加されています。

 

一方、寡夫控除については、控除額が所得税35万円・住民税30万円に引き上げられています。

 

図5:2020年以降の寡夫控除の要件

・妻と死別、もしくは離婚した後婚姻していない

・生計を一にする子ども(総所得金額等が48万円以下)がいる

・合計所得金額が500万円以下である

・住民票に事実婚の妻がいる旨の記載がない

 

なお、2020年以降は、扶養親族・生計を一にする子どもの総所得金額等は48万円以下となっており、2019年までの38万円より引き上げられています。

 

しかし、他の所得控除も合わせて変わっているため、収入をベースに考えて子どもがアルバイトをしていても年間103万円以下であることという点には変わりはありません。

 

 

今まで知らずに申請していなかった…でも、大丈夫!

離婚し、45歳の離婚したシングルマザー、16歳高校生の子ども1人の場合、特別の寡婦控除を受けると、例えば年収200万円の人ならば所得税・住民税が概算で約32,200円、年収450万円の人なら約52,400円安くなります。大きな金額ですね。

 

表:寡婦控除の有無による税金の差(2019年分)

45歳の離婚したシングルマザー、16歳高校生の子ども1人で概算計算(所得控除等によって違います)

  年収200万円 年収500万円
特別の寡婦控除なし 約32,200

所得税:約7,400円

住民税:約24,800円

約305,400

所得税:約99,000円

住民税:約206,400円

特別の寡婦控除あり 0

所得税:0円

住民税:0円

約253,000

所得税:約81,200円

住民税:約171,800円

差額 約32,200 約52,400

 

今まで寡婦(寡夫)控除があることを知らずに、申請していなかったという声もよく伺います。でも、大丈夫です。

 

税金は、確定申告の時期を過ぎても更正の請求といって、申告し忘れた「寡婦(寡夫)控除」の手続きができるからです。

年末調整で申請し忘れた「寡婦(寡夫)控除」の手続きをして、5年分の税金の納め過ぎが戻ってきたシングルマザーさんもいますよ。

諦めないでくださいね。

 

 

高校の授業料・大学の奨学金にも影響?

 

寡婦(寡夫)控除を申請すると税金面が優遇され、納税額が少なくなります。

 

それだけでもありがたいのですが、保育料や高校の授業料や大学の奨学金も「保護者の住民税額」などで決まってきます。税金だけでなく、子どもにかかるお金(支出)もプラスの影響があるのですね。

 

税金面では「寡婦(寡夫)控除」以外に

生命保険料控除

医療費控除(セルフメディケーション税制)

確定拠出年金

扶養(親など)

 

など、該当する場合は申請を忘れないようにしましょうね。

お役に立ちましたら、うれしいです。

 

私自身、離婚するまで「寡婦(寡夫)控除」の存在は知りませんでした。

離婚当時勤めていた会社で、離婚後総務の方に手続きなどお話していると、

「実は私の娘もね・・・」なんて話になり

「そうそう寡婦控除も申請してね」と思い出したように教えてくれました。

寡婦控除申請漏れがありましたら、是非ご確認くださいね。

 

お金のメルマガはこちら

お金のご相談はこちら