進路別の子どもの教育費はいくら?

「子どもの教育費いったいいくらお金がかかる?」ママにとって気になるお金のひとつであり、大きなお金!実際のところ、子ども1人を高校・大学を卒業させるまで、一体いくらかかるのでしょうか?500万円?1,000万円?それとも2,000万円?

 

2020年4月から私立高校に通う生徒の家庭への支援(高等学校等就学支援金の加算支給)がさらに手厚くなりました。また、大学の費用も高等教育の就学支援新制度があり、一定の基準以下の収入で、要件を満たせば給付型奨学金および授業料の減免を受けられるようになっています。

 

このような制度を受けて、教育費のかけ方は今後変わってくる可能性はありますが、現在の平均データをもとに基本的な考え方をご紹介します。

 

Q:教育費はいったいいくらかかるの?

A:

小学校から大学までオール国公立で約720万円、小・中公立・高校私立・大学私立理系で約1,200万円が教育費の平均です。

「子どもには色々な経験をさせたい」「子どもが望むなら行きたい大学に行かせたい」そう思うママ多いのではないでしょうか。しかし、それらをすべて実現させてあげたいと思っても、お金には限りがあります。

 

実際どのくらい教育費をかけられるのか、正直気にはなるけれど、お金の話は「ちょっと聞きにくい」かもしれませんね。でも、よくわからないままだと「大丈夫?」と不安になりがち。そんな不安を解消するために、我が家は「教育費どのくらいかかるの?」「どうやって用意すればいいの?」をまず知る!ことからはじめましょう。

 

教育費いったいいくらかかる?

子どもにかける教育費は、結論をお伝えすると「ご家庭によって全く違います」。理由は進路と子どもの人数・教育方針によって大きく変わるからです。なので、まずは文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」の結果を元に、「みんな教育費にいくらくらいかけている?」をご紹介します。

資料:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」および「私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」をもとに執筆者作成

 

この数字は、小学校から高校までは学校に支払うお金と塾代などの習い事も含まれている数字です。大学4年間は大学に払うお金のみの調査結果となります。

 

子どもの教育費はこのグラフからもわかるように、私立に行くか、国公立に行くかで大きく変わります。小学校から大学までオール国公立ではトータル約720万円、高校私立・大学私立理系の場合は約1,200万円かかります。この差は大きいですね。

 

 

進路別教育費を比較

教育費と公立と私立の違いがわかれば「いったいトータルいくら?」「進路によってどれだけ差があるの?」が気になると思います。同じく文部科学省の調査結果をもとに進路別の概算費用をご紹介します。

進路別教育費の概算

資料:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」および「私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」をもとに執筆者作成

 

高校までオール公立:約480万円
大学までオール国公立:約720万円
高校まで公立、大学私立文系:約870万円
高校まで公立、大学私立理系:約1,040万円
中学まで公立、高校私立、大学私立理系:約1,200万円

 

オール国公立でも大学に行くか行かないかで約240万円変わってきます。大学に進学する場合は、データに出てこない大学受験にかかる費用がさらに追加されますので、実際にはもっと差があります。また、大学に進学するケースでも進路次第で数百万単位で変わってくることがわかります。

 

さらに、2020年4月から私立高校に通う生徒の家庭への高等学校等就学支援金の加算支給が手厚くなったり、高等教育の就学支援新制度が設けられ給付型奨学金および授業料の減免を受けられるようになったりしていて、進路だけでなく家庭の状況により必要な教育費は大きく違うため、「我が家の場合はどう?」をしっかり考えておきましょう。

大学無償化「高等教育の就学支援新制度」はこちら

【給付型奨学金】国の高等教育の修学支援新制度ってどんな制度?2020年度より

 

教育費にはどんな費用が入っているの?

こんなにも高額な教育費、いったい何に使っているの?を次にご紹介します。

 

高校までの教育費

文部科学省の「子供の学習費調査」では、教育費は大きく「学校教育費」「給食費」「学校外活動費」が含まれています。よく「高校の交通費は入っていますか?結構かかりそうなのです」などご質問もありますが、答えはこの調査結果の中に「入っています」です。具体的な内容をご紹介しますね。

教育費の内容

学校教育費学校教育のために各家庭が支出した全経費
(例)授業料・PTA会費・修学旅行代・入学金・寄付金・制服・学用品代・通学費・クラブ活動費・制服など
給食費保護者が支払う学校の給食代
学校外活動費学校外でかかった活動費用
(例)学習塾・習い事・学習机や参考書等購入費・パソコン・学習塾への交通費など

資料:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」をもとに執筆者作成

 

基本的な教育費はすべて入っています。ただし、小学校の学童保育代は含まれません。

また、高校生の費用は、大学に進学しない場合も含めての平均のため、特に学習塾代などが大学に進学する場合には平均以上に費用がかかります。

 

大学の教育費

これまでみてきた文部科学省の大学費用には、大学に支払うお金のみです。大学への通学費用、授業に必要な書籍、ノートパソコンは含まれていません。大学進学のために浪人した場合の費用、自宅から遠い大学に進学した場合の下宿費用、留学費用、就職活動費用なども別に必要です。

 

学童の利用や大学進学を考えているママは、このようなデータにあらわれてこない費用に、注意しておく必要があります。

 

 

教育費どうしたらいい?

子どもの人数によりますが、やはり教育費は大きな負担です。
今ご紹介した「教育費」はあくまで平均です。支援制度や給付型奨学金もあります。

 

しかし、貯金を増やす方法も実践することで貯金ができるようになりますよ。

私自身、離婚後3年で子どもの教育費を貯めて、今は安心した暮らしをしています。
子どもは中学生・実家暮らしでもないので、収入を増やす・支出を減らす・貯金をコツコツふやし投資をするなどで貯めました。

諦めないでくださいね。
私でよろしければ、ご相談なさってくださいね。

 

お金の知識を身に付けたい