おひとりさまの老後はいくらかかる?

「下流老人」という言葉も流行り、40代だけでなく、30代の女性も老後のお金の相談が増えました。特におひとりさまの不安の声は切実です。生活費や老後資金の考え方をご紹介します。

窓と観葉植物

おひとりさまの老後の生活費はいくらかかる?

総務省「家計調査年報(家計収支編)平成28年(2016年)」の高齢単身無職世帯の家計収支によると月156,404円が平均支出とのこと。
内訳は下記の通りです。

<家計支出の平均(月額)>

食料 36,200円
住居 12,402円
光熱・水道 12,643円
家具・家事用品 5,512円
被服及び履物 4,217円
保健医療 7,967円
交通・通信 12,480円
教育・教養娯楽 17,401円
その他の消費支出 35,137円
非消費支出(税・社会保険料) 12,445円
合計 156,404円

 

思った以上に高いですか?それとも低いですか?
私は、実際はもっとかかるおひとりさまも多いのではないかと感じています。

理由のひとつが住まいです。月平均12,402円という数字は持家の場合であって、賃貸の場合は、月4万円~8万円ほどかかりますね。府営住宅等の公営住宅だともっと安く家賃を抑えることができますね。

リアル老後の生活費はいくらかかるの?

上記の平均データでは、リアル老後の生活費は考えにくいので、下記のように計算してみて下さいね
平均の支出(156,404円)ー平均の住居(12,402円)+自分の住まいの費用

例えば、老後の住まいが月6万円の賃貸の場合は
平均の支出(156,404円)ー平均の住居(12,402円)+自分の住まいの費用(6万円)=約20万円

また、今後消費税が10%にアップしますので、老後の生活費は少し余裕を持って計算しましょう。

年金はいくらもらえるの?

年金の確認には日本年金機構の「ねんきんネット」で確認しましょう

「ねんきんネット」の活用には、ログインするためのIDとパスワードが必要です。

ログインして、進んでいくと年金受給額の目安がグラフでも確認できます。

ねんきんネット

 

 

 

 

 

 

 

 

今の制度では、65歳になった次の月より国民年金と厚生年金が受給できるので、65歳は1カ月分少なくなります。
この方の例では、年間108万円(月9万円)くらいです。

他にも、勤めていた会社で「厚生年金基金」があったり、働き方が変わって正社員になるなどですと、年金受給額は増えます。

老後資金いくら貯める?

上記の例で計算すると

年金月9万円―生活費と住まい20万円=足りない金額11万円

になります。例えば30年間で計算すると3,960万円となります。

あくまで目安ですが、少しでも参考になりましたでしょうか?
お役に立ちましたら、うれしいです。